2016年7月29日金曜日

全日本選手権応援ありがとうございました。

全日本からあっという間の一週間。全日本では、熱い声援ありがとうございました。
写真が続々と上がってきて嬉しい限りです。嬉し恥ずかしの一コマ。家族写真です(笑

©春日部写真店

元全日本チャンピオン、小坂父とのバトルの瞬間。エスケープ(迂回)とロック(ショートカット)とのガチンコ。こんなレースは、なかなかありません。でも、よーく見ると左足踏ん張れてませんね。何度となく左足がペダルから外れまくるのも、わかる気がします。

そして、今回のスコットクルー!選手だけでは走れません。フィーダーや応援、タイム差やペース配分のなどをみんなで戦うスタイル!これも、実はレースの大事なチームワークなんです。

そして、チームメンバーの山田主選手は、全日本を機にレースを終了しました。輝かしい表彰台に上る成績は出せませんでしたが、チームを盛り上げてくれた事には感謝です。

世代の違いで意見が食い違う事や、普段見せない歯向かってくる事もあり色々とぶつかり合って理解しあってきました。そんな一年目は、チーム練習として何度か練習に出向いてきて共に練習しました。
2年目の今年は、アメリカ遠征で短期間の2週間でしたがトレイルとローカルレースに。勉強してきているはずなのに、スーパーでお目当のものがわからずに僕に聞く始末。それでも、レースでは今まで見た事のない良い走りで走れていて、びっくりしました。最終的には僕より後ろだったんですがね(苦笑
こそっとやろうと有志でセレモニー。表彰台に登らない選手は引退とは言えないと、大先輩に言われていましたから!お疲れ様セレモニーですね。
サプライズになったかなー?本人から未だ一言も言われていませんが、選手みんなでストレス発散と会場に今後もこいよな!ぐらいの気持ちで送り出しです。
そして、ビールかけ。僕はこれが嫌なので、ずっとやめません(笑
とにかく山田選手、いやツカプロお疲れ様。
いろんな意味でプロフェッショナルな奴がいなくなると寂しいですが、応援ありがとうございました。

さて、今週末はシマノバイカーズです。




2016年7月13日水曜日

全日本選手権

ご無沙汰しております、チームスコット松本駿ことマシュンです。今週末は全日本選手権となりました。年に一度の日本一決定戦。僕もタイトルを是非勝ち取りたい重要な位置にする大会。仕上がりも上々ですので、楽しみに応援よろしくお願いします!

今年も昨年同様にスコットクルーを募集しています。スタッフクルーがいればいるほど、チームスコットの即戦力になります!チームメンバーの山田選手は、自身のブログでも言うように今週末の大会で終了するようですが、ベストリザルトを刻んで切れることでしょう!いや、僕もそうですが、死ぬ気で走って走ってもらうためにも喝をお願いしますね。

さて、スコットブースは前富士見大会に続いて、3コマ出店致します。チームブースは1コマで、試乗車もご用意していますので、是非のぞきにいらしてくださいね!


リストバンドつけて応援です!

スコットユーザーさんには、ヘッドキャップをプレゼント!まだ、手にしていない方限定ですので、この機会をお見逃しなく!

暑い日にもってこいの団扇!プラスチック製ですので、濡れても平気ですよ。

全日本選手権は、男子エリートクラス17日の日曜日14時スタートになります。
会場でお会いしましょうね!

2016年6月24日金曜日

アディクトCX

ご無沙汰しております。マシュンです。2017年モデルの情報が流れてきて、テクノロジーがどんどんと公開されてきていますね。冬のシクロクロスに向けても準備を進行するため、スコットジャパンさんよりアディクトCXチームカラーで支給していただきました!このアディクトCXは、カタログに載っていない情報が満載なのですが、今気になるスパークやスケールのテクノロジーが満載でした!
まずは、フロントフォーク。
ロード、フォイルと比較しても2倍近い太さ!ブレーキホースを内臓するための穴も開いています。
そして、メインヘッド。
Di2か?ワイヤー?の選択権のためにアタッチメントも色々たくさんあります。RDはリアディレーラー、ESは電気配線、RBはリアブレーキ、DPって??ドロッパーポスト?
ブレーキのアダプターも140ミリローターと160ミリローターをどちらでも選べるように付属されています。
リアブレーキキャリパーは、地面の方からネジのみフレームとはさみ込むように取り付けです。
エンドも実は新型。
ダブルならこれが必要ですが、シングルなら外せます。

その他、フロントハブが12mmx100mmスルーアクスルで、リアが12mmx142mmとマウンテンバイクと同じ規格が後輪のみ流用です。その他に、スルーシャフト前後が必要です。

そんなこんなで、組上げたいけどまだパーツが足りない現状。
組み上げて走るのも楽しみです!






2016年6月4日土曜日

ダートクリテ開催と明日まで限定です。

こんにちは、マシュンです!富士見応援は沢山の声援をいただきまして、ありがとうございました。なかなかうまくいかない事もありますが、その中でできた事もたくさんありました。
さて、そんな興奮冷めならない翌週ですが、変則的な土曜日開催で僕が開催しているダートクリテリウム通称フジミDCが大きな事故もなく、また途中ダウンヒラーが乱闘する事件が勃発しましたが、盛り上がりを見せながら終了しました。
総合ポイントで争いましたが、第1ヒート3位、第2ヒート3位、最終ヒートが1位でしたが、今回よりファーストラップにもボーナスポイントがついて、池田選手を逆転できず(苦笑
明日は、このメンバーのほかに國井選手も裏ステージレースに参戦でヒルクライムレースとなります。
お決まりのジャンケン大会もみんな必死。子供に大人気無く勝つなんていいじゃないですか(笑

そして、横浜のマイクスさんのイベントも同時開催で盛大な賑わいでした!もちろん、僕のチームのスコットさんも試乗会で前日には余裕のタコパ。既に前日からでしたが、設営も終了して、焼きに徹してました。このノリは会社ならではですが、僕もこんなノリなのもわかるでしょ(w
そして、スコットファンにフレーム特価販売で、明日(9〜16)までで第特価販売していますよ!26インチギャンブラーが300,000円が115,000円。は、は、は、破格!
はいはい、まだまだ、スパークも僕も乗っていた2015モデルRCが、550,000円が226,000円にしかも、SとMサイズ!2015ジニアスが600,000円が247,000円でS、M、Lの3サイズ!
最後はナーンと、2015スパークのサス前後Di2リモートで、Di2専用フレームというセットで850,000円が350,000と破格販売しています。

また、2016年のMTBモデルがオールプライスダウン!会場限定企画のようですので、是非お時間がある方は、パノラマスキー場へお出かけくださいね。






2016年5月27日金曜日

応援にいらしてください!


こんにちは☆マシュンです。今週末いよいよ国内戦の3戦目となる富士見戦となります。明日はダウンヒルからという事で、公式練習のために昨日より会場入り選手が多く見受けられました。また、クロスカントリー選手も今日か明日移動という事も多いと思います。会場までの移動大変ですが行きおつけてお会いしましょう!

さて、前回の投稿より遅くなってしまいましたが、スコットジャパン様もより総力を挙げてプチ試乗会と展示をしていますので、レースじゃない応援の方も是非会場へ足を運んで楽しんでくださいね。スコットチームでは、ポストカード、マシュンオリジナルステッカーも差し上げますので、お気軽にお声かけてくださいね!

そして!



会場ではおなじみのブチョーコーヒーが日曜日にやってきますが、スコットとコラボレーションイベントをやります!何と、試乗された方にもれなくコーヒーの無料券をゲットできるんです。数に限りがございますが、試乗もされてくださいね。

それでは、会場でお会いできる事を楽しみにしております!

2016年5月18日水曜日

富士見戦のお知らせです!


久しぶりの雨予報から一転しての晴天になりましたね!こんにちはマシュンです。

今週末は春の王滝。みなさん今回の話題はいかがでしたでしょうか?走る時間が多ければ、多くの補給食と水が必要となりますのでプラスで、グリコのシルバーのCCD、少しテンションあげてゆくならイエローのクエン酸&BCAA、ボロボロでもうダメだら回復系のピンクのクエン酸&グルタミンですからね。

さて、5月27.28.29日とクープデジャポンが長野県富士見パノラマスキー場にて開催されます。その富士見戦では、何と!スコットブースがバババババん!っと、4コマ陣取ってみなさんをお出迎えする形となりました!!
チームテントには、選手専用となりますがポストカードやステッカーなどご準備してますので是非足を運んで、もらいに来てくださいね。
また、もう一つのブースでは、スコットラウンジとして、無料試乗会を開催します。試乗車は会場でのお楽しみでご用意してお待ちしています。この機会に是非体験してくださいね。

そして、日曜日のみですが、お隣にはブチョーコーヒーがやってきます!プチコラボイベントも現地で発表しますので、こちらも重ねて楽しんでくださいね!

目印は、このスコットバルーンですよ!

2016年5月16日月曜日

王滝に向けて

スコットファンの方も、そうでない方もこんにちは。マシュンです。
今週末はいよいよ春の王滝ですね。僕もそうでしたが、この週末は王活でせっせと走られていたのではないでしょうか?残すところあと6日。仕事で忙しい方も前日睡眠時間を削って移動2、3時間しか寝ないで出走とかなる方もいるのではないでしょうか?せめて今週は週末にエネルギーを発散させられるように、睡眠優先で備えましょうね。

さて、そんな王滝に向けてのアイテムのご紹介。ご準備はお済ですか?今回のバイクはリジットのスケールで出走します!登坂が多いのを踏まえ、フロントフォークも新型ですので、登り優先です。初のリジットでの走行でチャレンジは、ワクワクしますね!
そして、サドルバックを新調。以前までは完全防水型のウェッジドライバック0.6L(140g)でしたが、レールを固定するタイプでエアロウエッジバッグ0.41L(87g)とコンパクトに収めました。
チェックは防水シールされ、チューブは入ります。写真にありませんが、ボンベを投入予定。

サイドからは、別のチャックがあるので小物も入れられます。鍵やコインなども入れられますが、パッチなどがいいかもですね。





























そしてこれ!忍者Tロードです。(不安な方はMTB用の20ツールがあります。)

コンパクトツールでトルクス25、プラス、2、2.5、3、4、5、6でゴムのカバーです。


フレーム形状と取り出しも考え、横向き常備です。クリップ式のタッパのようにゴムパッキンがありますので、防水性もありサビにも強い?
そして、レース用が2017の新型とトレーニングバイクと2015の旧型で乗り比べていますが、格段に性能は上がりますね!しつこいようですが、動きのマイルド感と剛性の高さが爆発的に違います。
フォームモードの完全ロックにセッティングしてダンシングのグイグイ踏むとまるでロードバイクよう。いえそれ以上で今現在はリム幅が太く、アクスル幅もワイドで、クイックのないボルトオン式のカボルトシャフトで、タイヤのヨレ具合とバイクの推進力までが見違えるんです。
また、通常のオフロードは、ファームモードとミディアムモードの2つを選択として広げれば、路面変化に対応させた楽しみが広がり、完全にロックしたら進むという固定概念も打ち砕かれるほど、常変化する路面のオフロードでは変わります。また、このフォークの面白いところは、27.5+で楽しめることと専用フランジ幅(ハブの幅が今までは100mmが110mm)が広がったことで、コーナーリングやダンシング、そしてサスペンション本来の動きも変わり、サスのエア圧をもっと落とすことになりました。サス先端がストレートではないのは、外側にブレーキローターを目一杯出したり、フリーライド的な車輪とセットされているのは、軽いだけじゃないって事。設計者のどうだすごいだろ!ってのが、見てるだけでもすごいのに、乗って驚きの安定感の感覚を改めて感じたのでした。

それでは、王滝で!ファンライドツーリングのアテンドも担当しますので、参加者の方は気軽にお声かけてくださいね。ポストカードも配布しますよ!