2017年5月6日土曜日

朽木レースレポート(松本駿)

期日:2017年5月5日  場所:滋賀県高島市マウンテンバイクパーク
天候:晴れ 気温26度 コース状況:ドライ
機材
バイク:SCOTT/スケールRC7002017 メインコンポーネント:シマノ/XTR・Di2
ホイール:シンクロスXRブースト 
ハンドル、ステム、サドル、シートポスト:シンクロス/FL1.0
グリップ:エルゴン/GE1スリム
サスペンション:FOX RACING SHOX/(F)32ステップキャストフロートカシマコート27.5/80mmブースト(65psl)コンプレッション+2
タイヤ:IRCタイヤ/Gクローチューブレスレディー27.5x2.25(1.4bar)
ヘルメット:SCOTT/セントリックプラス/ブラックRCイエロー
サングラス:OAKLEY/JAWBREAKER/Lenz GRAY
バイクジャージ:ウエイブワン/レジェフィットスコットデザイン
シューズ:シマノ/SH−XC9・シマノブルー
チェーンオイル:フィニッシュライン/セラミックワックス&ウエットルブ
サプリメント:グリコパワープロダクション
レース前)エキストラバーナー、ワンセコンドHCA
レース中)クエン酸&BCAA、ワンセコンドライチ
レース後)ゴールデンタイムプロテイン、ジョイントプラス、プロスペックグルタミン
サプリメント:パワーバー
レース前)パワージェルショッツコーラ&オレンジ
レース中)パワージェル/グリンアップル&バナナ
レース後)エナジャイズ/チョコ&バナナ、プロテインバー

結果:10位
©︎Hiroyuki Nakagawa
©I-nac

国内戦の2戦目になる朽木大会は、ゴールデンウイークの真っ只中ということもあって、現地までの移動がキーワードとなった。いつもなら2日前入りで移動と普段のリズム調和を図るが今回は移動時間と渋滞による波で前日入り。早朝移動で多少の睡眠を削らなければならなかったが、高速は30分ほど巡航速度が遅くなる程度でスムーズな移動で予定どうりに会場へと到着した。

コースは登りが長く、あっという間に下るレイアウトのために登りが明らかに勝負所となるので、ここ数日は登りを意識た練習に切り替え、対策を施して練習を積み重ねていた。バイクは、登坂重視でリジットのスケールをチョイス。リアバックのショックダンピングシステムを活かせるようにタイヤ圧も最低まで落として、板バネをバウンドさせてフルに推進力に生かせる武器を有効に狙う。また、フロントサスのステップキャストは直線ダウンヒルセクションが多くて突き上げが多いので、エア圧を少し上げる。(逆にコーナーでの跳ね返りが犠牲になっているがこれは正解だった。)また、フロントはナローワイドの34T。タイヤは転がり重視でGクローをセットした。

当日の朝はGWらしい気持ちの良い朝を迎え、体調を確認するためにも乗りに出かける。チームメイトと走りに行くので心なしかペースが速いものの、琵琶湖沿いの風を感じながら体の状態を確認する。ダルサが無いけれど、右足の筋の張りがあり足が攣りやすくなる調光であった。嫌な感じだが、そんなことよりも欲張ってレースを楽しむ。気持ちは最優先されて、会場へ向かった。

今年のスタッフやチームメンバーも増えたことで、テント内は活気がある。ファンの方とのコニュニケーションを取りつつ、アップする選手、出走している選手をスタッフがサポートして、自らのレースに進行させるというクルーの動きの隙間に乗り合わせて全てが動き出している。5つのことを同時進行で進んでいた。


コンパクトローラーと実走チェックをしながらスタートは2列目配置。最近は並べるなら前方まで詰め寄られるので、1.5列目と好位置。ハンドルが前の選手をつついていたり、隙間がない状態からスタートする感じはハイレベルなレースを迎えて興奮度も高まる。

©︎Yoshikazu Neoi

レースは始まり、流れに乗りつつも前のスピードが速くないために隙間から抜けることができず埋もれそうになる。そのうちに左後ろで落車が見え、ダートに入ってからは予想通りのラインが開き、順位を上げながら坂を上り始めた。一桁で少なめに先頭も見える。久しぶりの位置取りに手応えを感じた。シングルの入り口での遠回りレーンでダッシュして一気に順位アップ。まだまだ始まったばかりだが、まだまだいける確信があり前半を14位で終えた。
©︎Yoshikazu Neoi

©︎Yasuo Takagi

中盤はメリダトレインとの接戦。順位は10位で8位まで上げるチャンスを迎えている!小坂選手と山田選手の前後で得意不得意なエリアで順位は前後する。長い登りで勝負をかけたいタイミングでやはり気になっていた、足が攣り始める。慌てるようにジェルを投入して、シッテイングが多かったのでダンシングと入り交ぜながら何とか立ち止まる事なくその場を回避する。
©︎Yoshikazu Neoi
いよいよレースの後半は小野寺選手との接戦。開幕戦同様になるが、攣りかけた筋肉の不安と駆け引き、ギアの選択。前後にも数名迫る勢いだが振り切るように、ダンシングでバイクの軽さを武器に加速させた。次第に間は空いてゆくが、失速する中原選手をパスして10位でゴールした。

2戦目の結果としては練習のダメージがあった割りに結果を残す事ができた。しっかりと休養して次なるレースに備えたいと思います。また会場では沢山の方々にお越しいただき、応援の手助けと支えとなりました。次戦は王滝、富士見となります。チーム一丸となり勝利に向かって走ります。応援ありがとうございました。

TEAM SCOTT 松本駿

大会関連サイト:http://main.846.info/?day=20170118
大会リザルト:http://wakitasoft.com/Timing/Results/2017/20170505/Result01.pdf
SCOTT BIKES http://scott-japan.jp

Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN

CJ朽木レースレポート(松本一成)


僕は今回の大会に向けていつもとは違う練習をしました。
その理由は、今回の大会はほとんど上りなので長い上りを取り入れた練習をしました。

そして大会前日にはSCOTTとGRMのみんなで試走をしました。
試走では特にタイガーロックを練習し、他にもいろいろポイント練習もしました。
大会当日、スタートして最初は二位で行き最初の上りの半分くらいのところで一位になり後ろとの差を少しずつ開きながら行きましたがつづらを降りて来てゲレンデに出るところで軽く転んでしまい一気に追いつかれてしまいました。
写真:伊藤秀洋様

そして二周目の上りで山口選手に速いスピードで抜かされて心が折れそうになりましたがここでついていかないと負けるだけなのでそこで全部の力を使い切る気持ちでついて行きました。でもすぐに抜き返してシングルトラックに入る時には少し差が開いてそこからはなるべく差を開きました。
三周目は自分との勝負でした。
上りでは追いつかれないように自分の出せる全ての力を出して下りで少し休みながらトラブルが無いように走りました。
写真:伊藤秀洋様

結果的には、八幡浜に続いて二連勝できて嬉しかったです。
今回の大会で上りがキツくて何回も心が折れそうになるところがありましたが応援してくださった方々のお陰で頑張れました。
次の大会は富士見パノラマです。
地元なので、この勢いで勝てるように頑張るので応援よろしくお願いします。

TEAMSCOTT 松本一成

CJ-1びわこ高島ステージ XCO第2戦




CJ-1びわこ高島ステージ XCO第2戦

期日 2017年5月5日(金) 12:02スタート
結果 女子エリート2位

こんにちは!今井美穂です。
MTB第2戦目として、滋賀県高島市の朽木スキー場で行われたレースに参戦してきました。

コースはスキー場のゲレンデを下から一気に上まで果てしなく登り、そこから脇のシングルトラックに入り一気に下まで下り、そして、また登ってまた下る。そんな登ったり下ったりの繰り返しコース

前日の試走では、チームでまとまって走り、コース状況や路面をチェック。また、シングルトラックの走り方も確認。初めは恐る恐るで走れなかった所も、周回を重ね、チームで走ることによって慣れてきてスムーズにクリアできるようになりました。
また、バイクのサスペンションの圧やタイヤの空気圧も調整しレースに備えました。
動画は試走の様子です。
video


大会当日、清々しく気持ちよく晴れた絶好のコンディションの中スタート。
果てしなく続く登り坂を、いつも前半出し過ぎてしまうので、オーバーペースにならないように意識しながら進みます。登りきったところで先頭3人パックに。下りで先頭に立ち、後ろとの差を引き離したと思ったところで、フロントチェーンが落ちてしまいストップ。その間に抜かれてしまい、その後は先頭を追いかける展開となりました。
Phote by. Y.takagi
phote by kasukabevisionfilmz

しかし、追いかけても差はなかなか縮まらず、細かいミスや転倒もあって先頭でゴールする事は出来ませんでした。まだまだ自転車の扱いや荒れている路面に慣れていない証拠ですね。いつでも落ち着いてミスなく、攻めることができるようになりたいと思います。




Phote by. Y.takagi

phote by kasukabevisionfilmz



phote by kasukabevisionfilmz


phote by kasukabevisionfilmz
 
今回のレースでは、防ぐことができたであろうメカトラや転倒があり、先頭から離れてしまったとこから追い上げることができず勝ちの勝負が出来ませんでした。また、まだまだ1時間半という競技時間に慣れていなかったり、力の掛けどころやギアの選択なども改善が必要と思っています。
ただ、2週間前の八幡浜での課題だったものが、少しクリアできている感触が掴めたのは自分自身の今後の自信につながっています。
バイクにも少しずつ慣れてきた感じもあり、どんな路面にでも対応してくれ、不安なく走ることができる心強い相棒になってきました。

今回のレースを終えて、これからの課題が見つかったので、練習を重ねて一歩ずつ前に進んでいきたいと思います。
たくさん応援していただきありがとうございました。そしてこれからもよろしくお願いします‼︎




Bikeと色を合わせていただいた名前入りジャージは
会場でも好評をいただきました!












今井美穂

2017年5月4日木曜日

明日は、CJ-1びわこ高島大会!!

こんにちは!けんせいです!
TeamSCOTTは明日のCoupe de japonびわこ高島XCO大会の為、滋賀県へきています!
こちらマキノ高原近くのメタセコイア並木の写真
どこまでも続くメタセコイアの木には一同感動。

今回もフル装備のマシュン号(笑)

そして今回の遠征でお披露目となったチーム員のネーム入り折りたたみチェア!!!
自分の名前が入っているなんてまたまた感動!

明日のレースはこの折りたたみチェアに座って集中モードだっ!

そしてTeamSCOTTのレース活動をダイジェストでみれる動画を作成しました!

今回のびわこ高島もチーム一丸となり全力で走ります!
応援どうぞよろしくお願い致します!!

レーススケジュール

男子ユース 10:45~
女子ジュニア 10:47~
女子エリート 12:02~
男子エリート(U23を含む) 13:40~ 

2017年5月2日火曜日

いよいよ第二戦、CJ-1びわこ高島大会!

こんにちは!健正です。やわたはま国際から一週間と数日が過ぎ、3日後にはびわこ高島大会が迫っています!
毎日の練習で大会へのコンディションを整えてます。

今日はちょっと遠くの練習場所へ。

僕も駿さんも今日も絶好調!

レースも熱く燃えていきましょー!!!

先週末は富士見パノラマスキー場にダウンヒルへ
TEAM GRMメンバーとAコース、Cコースをライド!

ゴンドラ乗り場のスコット広告が輝いていました。

そして!!
ゴールデンウィーク後半の今週5月5は、TEAM SCOTT 第二戦
CJ-1 びわこ高島大会

八幡浜での勢いを加速させながら戦っていきます!
応援どうぞよろしくお願いいたします!